すすむ君と。


岩手県の花泉というところに医療法人社団育成会 中央歯科クリニックという大きな歯科医院があります。

理事長の佐藤奨先生は私の同級生です。(以下すすむ君)

すすむ君とは、岩手医科大学歯学部に在学中は、6年間、一緒によく夢を語り合う仲でした。

いつか歯科医師として地域の役に立つことがお互いの夢でした。

私とすすむ君には共通点がいくつかありました。

学生時代から地元に戻って開業したい

親、兄弟、近い親族に歯科医師がいない

ゼロから起業すること

論文書くより臨床系

休みの日はセミナー、学会、勉強会

働く人たちがみんないきいきしていないと落ち着かない

いつも元気

そんなところはとてもよく似ていて、気が合う同級生でした。

大学を卒業してから、すすむ君は東北大学の補綴科にいきました。

私は長崎大学歯学部第一口腔外科へいきました。

そして、同じような時期に開業し、おなじように医院の規模を少しずつ大きくしていきました。

ある海外で行われたハンズオンセミナーでばったり会いました。

今回、すすむ君から、自分の医院のスタッフにむけて講話をしてくれないだろうかと依頼がきたわけです。

それで、いつも自分が講演している内容をお話しさせていただきました。

すすむ君の歯科医院は比較的、地方の方にあるのですが、立地、スタッフの元気の良い挨拶、笑顔、輝き、それから、医院の滅菌体制や設備においても極めて高いレベルで運営されていました。

これまですすむ君が学んできたことを、しっかりと医院に根付かせていることがわずかの時間、見学させてもらってもすぐに理解することができました。

また、私のもう一人の同級生である山口君にも会うことができました。彼はすすむ君の医院へ月に一回、口腔外科外来日で活躍しているのです。

山口君は岩手医大の第一学生寮の寮長、そして写真部の主将、学友会会長までした、同級生の中ではずば抜けたキレ者でした。

今は仙台市で開業し、腕を振るっているそうです。

すすむ君の奥様とははじめてお会いしました。

とても素敵な方です!

盛岡出身で、結婚する前には歯科衛生士学校に通って歯科衛生士免許を取ったほどのエネルギッシュな人です。

お付き合いしているころのデートは歯科のセミナーだったとか。

なかなか聞けない話もたくさんしていただきました。

セミナー終了後は、焼肉冷麺を御馳走になり、翌日は平泉、厳美渓など、観光までさせていただきました。

おかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

うれしかったのは、医院に到着すると、ウェルカムボードが書かれていて、私を歓迎していることが伝わってきたのです。

歯科衛生士の中澤さんが書いてくれたそうなのです。

本当にありがとうございます。

自動代替テキストはありません。

すすむ君、今回は本当にありがとうございました!

文責

医療法人良陽会 鶴田歯科医院

鶴田博文

Follow me!